大阪の高級風俗【S級グループ】大人の女性求人

お問い合わせはこちら

S級グループからのお知らせ

江戸時代の美容法とは?

2016年12月26日お知らせ

こんにちは!

皆さん美容に興味はありますよね?

 

女性なら誰しもが興味のある【美容】

今でこそ様々な商品が発売されていますが、果たして昔の女性たちはどうしていたのでしょうか?

今日は【江戸時代の女性の美容法】を少しご紹介していきたいと思います。

 

スキンケア

花の露

朝露に濡れたバラの花を採取し、『蘭引』という器具で蒸留水をとり、そこに丁子、片脳、白檀などの香薬を混ぜて作りました。

艶やかなキメの細かい色白肌を作り腫れ物を癒す効果があると言われています。

img1

米糠

米ぬかに含まれるビタミンB群、ビタミンE,アミノ酸、ミネラル、油分などが保湿や美白、消炎作用を期待できると言われます。

江戸時代には、銭湯に袋に詰めた米ぬかを持って行き、顔や体を洗っていました。

imgres

へちま水

へちまの根や茎を切った切り口からにじみ出てくる水を採取し利用したと言われています。

根・葉・茎とそれぞれの部分によって成分が異なるため、用途に合わせてそれぞれ利用されてきたようです。

 

imgres

 

ヘアケア

椿油

椿油は髪を艶やかに装う化粧油として一躍人気を博し、主に頭髪油としてその名が知れ渡っています。

images

饂飩粉

いわゆる小麦粉の事。江戸の女性達は髪の油を落とす為に饂飩を茹でた汁を使用していました。

小麦粉の吸着作用が油も汚れも根こそぎ取り攫ってくれるようです。

imgres

柘植櫛

柘植櫛の一番の特徴は静電気がおきにくいという点で、切れ毛や枝毛を防止し健やかで艶やかな美しい髪を育てます。

また柘植櫛に椿油を染込ませる事により、すでに痛んでパサついた髪にも艶と纏まりを出す事が出来ます。

imgres

どうでしたか?

江戸時代の女性もやはり美容には気をつけていたんですね。

実はその数々の技法や効果は現代の化粧品に大いに取り入れられているようです。

もし興味のある方はご自身で調べてみるのも面白いかもしれませんね!

 

カテゴリー一覧
月別の記事一覧

お知らせ最新5件news

S級グループの高級人妻店

©  2014–2017 大阪の高級風俗【S級グループ】高収入求人サイト当サイト内に掲載されているすべての文章・画像・写真・デザインの無断転載、転用は日本の著作権法によって禁じられています。